スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども手当、高校無償化両法案が衆院通過 月内に成立へ(産経新聞)

 民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げた最重要政策の「子ども手当法案」と「高校授業料無償化法案」が16日、衆院本会議で与党と公明、共産両党の賛成多数で可決された。自民、みんなの両党は反対した。両法案は参院に送付され、今月中に成立する見通しで、高校無償化は4月から実施され、子ども手当は6月に支給される。

 高校無償化法案は、公立高校では授業料を原則として徴収せず、国が減収分を補填(ほてん)する。私立高校生には世帯の所得に応じて年額11万8800~23万7600円を高校側に一括して支給する。衆院文部科学委員会の審議で、民主、公明、共産の3党が施行3年後の見直し規定を付則に加えた。対象に朝鮮学校を含めるかどうかは、第三者機関を設置して検討する。

 子ども手当法案は、平成22年度は、中学卒業までの子供1人当たり月1万3千円を支給する。最初の支給は6月で、2、6、10月の年3回、4カ月分がまとめて支給される。与党と公明党の合意で、政府案で支給対象外だった児童養護施設の入所者らに対する支援の検討などを付則に追加する修正が行われた。

【関連記事】
高校無償化、子ども手当の2法案、衆院通過へ
回復実感なし デフレ深刻化で賃金目減り
子ども手当 財政規模を考え現実的に
子ども手当「悪用必至」ネット上で批判
子ども手当、高校授業料無償化を批判 自民・谷垣総裁、みんなの党・渡辺代表
20年後、日本はありますか?

「結核に関する特定感染症予防指針」見直しへ(医療介護CBニュース)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
温暖化ガス削減「果たさねばならぬ」=鳩山首相(時事通信)
日教組委員長、政治活動の正当性強調(読売新聞)
堺市で民家火災 一人死亡(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。